都会と田舎の看護師転職事情

全国的に看護師不足

 

看護師は全国的に不足している病院が多数です。

 

特に大学病院のような入院患者を抱えている病院は、夜勤や早番など勤務体制もバラバラで家庭を持つ方にとっては負担が大きいのです。

 

その為、個人病院で働こうとする方が圧倒的に多く、大きな病院は人員不足に悩まされているのが現状です。

 

 

都会の看護師転職理由

 

都会の病院では地方に比べると病院数は多く当然、求人数も豊富にあります。

 

求人が豊富ということは、今働いている病院よりも条件が良かったり、魅力的に感じる病院が多数あるということです。

 

ある程度の経験と知識を得れば、更にスキルアップを目指そうと頑張るのが当たり前であり、都会の病院転職はまさにその場に適していると言えます。

 

例えば救急病棟や重症患者を扱う部署でスキルアップに努めたい、と専門職に力を入れたいという方が多いようです。

 

独身ならば仕事に打ち込めるので、お給料や労働体制よりも仕事内容を重視する傾向が見られます。

 

 

もちろん他にも転職の理由はあり、職場での人間関係、それに結婚や出産といった環境の変化、希望する勤務条件・勤務環境の違いなども考えられます。

 

都会に限った事ではありませんが、職場での人間関係で転職される方も多いです。

 

コミュニケーション不足や職場内のいじめなどが理由のようですが、これは人員が多ければ多いほど起こりやすい現象でもあります。

 

現に職場内のいじめは地方よりも都会でのほうが起こりやすく、転職または辞職する理由ランキングのトップ10に入るほどです。

 

都会だから絶対に起こりうるとは限りませんが、病院での看護師同士のコミュニケーションは患者の命にも影響しかねません。

 

そういう病院は、看護師の入れ変わりが激しかったりするものです。

 

 

転職の強い味方〜看護師転職サイト

 

また、都会の病院転職が多いのには、ネットで好条件の求人を探せる看護師転職サイトが多少関係しているかもしれません。

 

希望の給料、勤務時間、土日祝日休みなど自分の求める条件で検索し、該当する病院を教えてくれます。

 

今勤めている病院よりも自分に合っていると感じたら、転職したくもなるはずです。